Slider Background

社会の動向

社会の動向





 子どもに悪影響をもたらしている社会の動向

IPAは、下記のような近年の社会の変化が子どもの発達に悪い影響を及ぼしていることを憂慮しています。


  • 遊びの重要性について社会が無関心である。
  • 学校で知識教育や成績が偏重されている。
  • 生命を維持し、健全な発達を遂げるために必要な最低限のものさえも与えられていない子どもの数が増えている。
  • 適切な環境計画がなされないため、住宅や交通事情が悪くなり、生活環境の不快さが募ってきている。
  • 子どもをねらった産業が増え、よい伝統文化が消えていく。
  • 発展途上国で、子育てをする母親が子どもの世話と教育に必要なことを学ぶ機会がない。
  • 急激に変化する社会の中にあって、子どもたちの生活の基礎づくりの準備が不足している。
  • 地域社会の中で、子どもを囲い込んで、大人と分離する傾向が増している。
  • 働かなければならない子どもたちが増えており、しかも、その労働条件が劣悪である。
  • 絶えず戦争や暴力や搾取や破壊などに曝されている子どもがなくならない。
  • スポーツをする子どもたちに、必要以上に競争を強いて、何がなんでも勝つことを求める。