Slider Background

遊ぶ権利

遊ぶ権利




   IPAと子どもの権利条約

子どもの権利条約は、子どもの基本的人権を国際的に保障するための条約で、1989年に採択後、1990年に発効されました。 日本は1994年に批准しました。
子どもを18歳未満とし、国際人権規約(1976年発効)が定める基本的人権を、その生存、成長、発達の過程で特別な保護と援助を必要とする子どもの視点から詳説したものです。 前文と本文54条からなり、子どもの「生存」、「発達」、「保護」、「参加」という包括的な権利を実現・確保するために必要となる具体的な事項を規定している条約です。

その本文31条に、遊びに関する権利が記されています。

<遊ぶ権利>…
第31条

  1. 締約国は、休息及び余暇についての児童の権利並びに児童がその年齢に適した遊び及びレクリエーションの活動を行い、並びに文化的な生活及び芸術に参加する権利を認める。
  2. 締約国は、児童が文化的及び芸術的な活動並びにレクリエーション及び余暇の活動のための適当かつ平等な機会の提供を奨励する。



これを、もっとわかりやすく言えば・・・ 子どもの権利を守ると国連に約束した国は、子どもが体や心を休めたり、ゆとりを持って、年齢にあった遊びやレクリエーション活動をしたり、文化や芸術に自由に参加できるようにしなければならない。 ということです。 

参照:「ユニセフ:子どもと先生の広場 子どもの権利条約」https://www.unicef.or.jp/kodomo/kenri/syo25-32.html



 IPAと子どもの遊ぶ権利宣言


「国連子どもの権利条約」ができる以前にIPAは「子どもの遊ぶ権利宣言」をつくった。(1977年) 第31条 (政府訳)
「子どもの遊ぶ権利宣言」は1977年11月に国際児童年1979年)の準備のためにIPAが開催したマルタ島での会議で作られました。その後、年のウイーンでの評議会、1989年のバルセロナでのIPA評議会で改訂されました。




子どもにとって遊びとは何か?

・子どもたちは、明日の社会の担い手であると同時に、今を生きています。 

・子どもたちは、どんな文化に生まれた子どもでも、いつの時代に生まれた子どもでも、いつも遊んできました。

・遊びは、栄養や健康や住まいや教育などが子どもの生活に欠かせないものであるのと同じように、子どもが生まれながらに持っている能力を伸ばすのに欠かせないものです。

・遊びでは、友達との間でそれぞれの考えや、やりたいことを出し合い、自分を表現します。

遊ぶことで満ち足りた気分と何かをやったという達成感が味わえます。

・遊びは、本能的なものであり、強いられてするものではなく、ひとりでに湧き出てくるものです。

・遊びは、子どもの体や心や感情や社会性を発達させます。

・遊びは、子どもが生きていくために必要なさまざまな能力を身につけるために不可欠なものであって、時間を浪費することではありません。